魅力01:帰依する喜び

2 10 2009

[1] 帰依(きえ : devotionする喜び

イスラームとは「帰依」を意味します。イスラームとは、イスラームの教えに帰依して、その教えを拠り所よりどころ : foundationとして生きることです。

ですから、イスラームが説く教えの第一は帰依であり、イスラームが推奨すいしょう:recommendationする最大の喜びは「帰依する喜び」です。人間は自分勝手に生きていることではなく、創造主そうぞうしゅ : Creator)アッラーに創られたこと考えますので、人間の天性(てんせいに従って、よい人生を送るのが自然の姿だと考えています。

イスラームでは、人間はもともと善なるものだとしています。つまり、天性の教えに帰依して生きることは、人間のもっとも基本的な欲求(よっきゅう : desire)を満たすことなのです。


参考書:イスラーム文化センター(2007)『イスラームという生き方―その50の魅力』 第1版 <www.islamsodan.net


Actions

Information

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: