魅力3:自己の肯定

13 10 2009

[03]自己の肯定(こうてい : acknowlegde)

帰依(きえ: devotion)して、教えに従うこと―聖典(せいてん : scriptures)の教えや戒律(かいりつ : religious commandment)に従うこと―と聞くこと、何か、自分を捨てるように感じる人がいるかもしれません。しかし、イスラームは、自分を捨てることとは全く自分を肯定を推進(すいしん: implement)しています。

イスラームは、世界も人間も創造主アッラーに創られたと説き、アッラーの存在を認めるよう、説いています。そのため、まず、ご自分をよく見てください、あなたを創造したのは誰ですか、と言う問いを発するわけですが、そこには、自分の存在を全面的に肯定することが含まれています。

なぜなら、自分がいること、自分が生まれてきたこと、自分がここに存在して生きていることを肯定せずに、その自分をお創りになった存在を認めることはできないからです。

イスラーム世界に自殺が少ないことはよく知られています。その理由として、自殺が禁じられていることが指摘(してき : point out)されています。しかし、それは単に禁じられているから少ないのではなく、そもそも自己肯定するから、人は希望を持って生き続ける、ということなのです。

参考書:イスラーム文化センター(2007)『イスラームという生き方―その50の魅力』 第1版 <www.islamsodan.net


Actions

Information

One response

18 02 2010
ummiabah

MasyaAllah ..naisu info de, arigatou.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s




%d bloggers like this: